ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> > ランディングページ制作とは?LP制作のコツとポイントを解説!

ランディングページ制作とは?LP制作のコツとポイントを解説!

はじめに

ランディングページ(LP)とは、リンクやWeb広告、検索エンジンなどから流入してきたユーザーが最初に訪れるWebページのことを指します。

 

ホームページ(HP)は複数ページにわたり自社情報を提供し、ユーザー認知度を高める目的がありますが、LPは、ユーザーに何かしらの行動を起こさせるのが目的です。

LP制作についての流れと、効果を高めるLP制作のポイントについて詳しく解説します。

ランディングページとは

ランディングページ(LP)とは、広告やSNSなどでリンクをクリックしたユーザーが最初に訪れるページのことをいい、サイトを訪問したユーザーに「購入」「お問い合わせ」「資料請求」などの行動をしてもらうために制作されます。

ユーザーに対して特定の目的を持たせるためにデザインされており、最終的な成果であるコンバージョン(CV)を強く意識して作られるのが特徴です。

 

LPはHPに比べて内容量が少ないため、「なぜアクションが少ないのか」「改善点はどこなのか」などが分析しやすいメリットがあります。

ランディングページ制作の流れ

ランディングページ(LP)制作の流れは、大まかに「構成案作成」「デザイン制作」「コーディングと実装」という3つの流れに沿って行われます。

 

構成案作成

構成案作成では、LPに掲載するコンテンツや画像、イラスト、キャッチコピーなどを作成します。

訪れたユーザーにどのようなアクションをしてほしいのかを明確にし、綿密な戦略設計を立てましょう。

最初に目的を定め、その目的に合わせた設計や内容を考えます。BtoBのランディングページの目的としては、サービス資料請求やメルマガ登録、ホワイトペーパーのダウンロードなどが一般的です。

 

LPの制作では、キャッチコピーとパッと伝わる文章が特に重要です。良いLPを作るため、商品やターゲットに関する深い知識と、LP制作のノウハウの両方が欠かせない要素となります。

 

デザイン制作

LPのコンバージョン率を上げるためのデザインを考えます。

LPの最上部であるファーストビューは特に重要であり、ユーザーが抱えている問題や悩みを解決できるような作りを意識することが大切です。

また、LPの内容やコンテンツがユーザーの目的に合っていたとしても、LPにインパクトがなければすぐ離脱されてしまうかもしれません。そのため、「これだ!」と思わせるページ作りを心がけましょう。

 

コーディングと実装

最後に行うのが、コーディングと実装です。

コーディングはLPを視覚化するための重要な作業で、デザインや構成で決めたコンテンツやキャッチコピーなどを、コーディングによってそれぞれの場所に配置します。

また、コンバージョンにつながるボタンの大きさや形や色、配置場所などもコーディングによって決めることができます。コーディングが終わるといよいよサーバーに実装し、LPがネット上で閲覧できるようになります。

 

できあがったLPはパソコン、スマホの画面を通して確認し、違和感があれば修正します。一度作ったらそれで終わりではなく、何度も改良を重ねて、少しずつ精度を高めていくことが可能です。

 

効果を高めるLPのコツとポイント

ランディングページ(LP)は、商品購入や資料請求などのアクションをユーザーに促すためのものです。効果をあげるLP制作にはいくつかポイントがあるので、チェックしてみましょう。

 

ターゲットとペルソナの決定

ターゲット層を決め、より具体的なペルソナを作成します。

特定の人物像を具体的に設定し、アクションを起こすまでの流れを想定します。詳細なペルソナ設定により、主要なターゲット層にどうアプローチすれば響くのか、成果に結び付くのかを理解しやすくなり、より効果的なコンバージョンが見込めます。

 

ペルソナの設定では、「どのような悩みがあるか」「何を解決したいと思っているのか」なども考慮することで、LPに掲載すべきコンテンツも見い出せます。

 

ユーザーファーストを意識する

第一にユーザーのことを考え、使いやすさや見やすさ、表示速度にこだわったページを制作できれば、しっかりと読み進めてもらえ、行動を促せる可能性が高まります。

 

ユーザーファーストのLPを制作するには、ユーザーの立場や気持ちになって考えることが大切です。実際に自身がアクセスしたと仮定し、どのようなページ設計なら最後までストレスなく読み進められるかを考えましょう。

以下のポイントも参考にしてください。

  • シンプルでわかりやすいデザインか
  • 目的や価値の提供を強調するコピーを用いているか
  • ユーザーにとって不要な情報は省き、重要な情報を優先的に掲載しているか
  • ボタンやリンクを設置し、ユーザーに次のアクションを促しているか

上記のように、常にユーザー視点で設計し、「何が欲しいか」ではなく「何が必要か」を考えることが大切です。

 

効果測定を行う

A/Bテストなど定期的な効果測定と分析を行い、改善点を洗い出すことが重要です。

LPの制作は一度作ったら終わりではなく、常に改善しながらより成果につながるページへと成長させる必要があります。
LPの効果を最大化させるためにも、短いスパンで継続的に、効果測定を行いましょう。

 

まとめ

ランディングページ(LP)はコンバージョンを獲得するために作られているため、ユーザーが起こすアクションを明確にし、それに合わせて設計する必要があります。

また、ユーザーのアクションを促すための興味・関心をひくコピーライティング、考え抜かれたデザインも重要となります。

 

ライティングとデザインは、LPのクオリティを左右する重要な要素です。デザイン力からコンテンツ構成までプロに依頼したいとお考えの方は、ぜひキナバルまでお問い合わせください。

一覧に戻る