ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> サービス > オウンドメディア制作

オウンドメディア制作

ブランド価値向上と集客力強化のための戦略的オウンドメディアを制作します。

こんな悩みが解決します。

オウンドメディアサイトとは

オウンドメディアサイトとは、企業が自社で保有するメディアのことを指します。一般的には、ウェブサイトや自社ブログなどを対象として使われるケースが多いです。
オウンドメディアは、ユーザーの興味を引く有益な情報を発信することで、企業の認知度向上や新規顧客開拓、ファンづくりなどを行うことができます。

オウンドメディアの重要性

オウンドメディアは、以下のような理由から重要視されています。

1.  自社のファンを増やすことができる

オウンドメディアを運用することで、自社の思いや価値観を伝えることができます。自社のファンを増やすことができ、ブランドイメージの向上につながります。

2.  消費者との接点を増やすことができる

オウンドメディアを運用することで、自社の商品やサービスについて、より多くの情報を提供できます。そのため、消費者との接点を増やすことができ、商品やサービスの認知度を高めることができます。

3.  SEO効果が期待できる

オウンドメディアを運用することで、自社のWebサイトのSEO効果が期待できます。検索エンジンからのアクセス数を増やすことができ、認知拡大や売上向上などのメリットがあります。

4.  自由度の高いコンテンツで競合他社と差別化ができる

オウンドメディアを運用することで、自社の考えや価値観を自由に表現できます。そのため、競合他社との差別化につながり、競争優位性を獲得することができます。

5.  購入促進や顧客のファン化ができる

オウンドメディアを運用することで、自社の商品やサービスについて、より詳細な情報を提供することができます。そのため、購入や顧客のファン化を引き出せます。

 

オウンドメディアのメリット・デメリット

オウンドメディアは、企業のブランド構築や顧客獲得に役立つツールですが、デメリットも存在します。ここでは、オウンドメディアのメリットとデメリットについて説明します。

オウンドメディアのメリット

企業の認知度やイメージの向上が期待できる

 有益な情報や魅力的なコンテンツを提供することで、企業のイメージアップが期待できます。また、企業を知らないユーザーがコラムや情報ページからサイトを訪れることで、認知度の向上につながります。

コンテンツの二次利用ができる

自社で作成したコラムは、メールマガジンや営業資料として二次利用ができます。ユーザーとの接点が増えるので、サイトへの流入も期待できます。

コストパフォーマンスが高い

PV数の多いコラムがいくつかあれば、長期的な集客効果が期待できます。

また、検索サイトで上位表示されるようになれば、広告費を使わず効果的なアプローチが可能です。

オウンドメディアのデメリット

メディア運用の負荷がある

オウンドメディアを運営するためには、コンテンツの制作や更新、顧客とのコミュニケーションに時間と労力が必要です。

成果が出るまで時間がかかる

オウンドメディアの運用は、成果が出るまで少なくとも半年、通常は一年以上かかります。そのため、コンテンツの品質やSEO対策の効果が実感できるまでには忍耐と努力が必要です。

ネガティブなフィードバックへの対応が必要

ブログ形式という性質上、ユーザーからのネガティブなコメントや批判を受けることもあります。これに対して適切な対応が求められます。

 

オウンドメディアは、自由度やブランド強化の面で多くのメリットがありますが、運用には手間や時間をかける必要があることを覚えておいてください。しっかりと計画を立て、継続的な努力を重ねることで、オウンドメディアの力を最大限に活かせるでしょう。

 

オウンドメディア制作とは

貴社のビジネス戦略や目標に沿ったメディアとしての企画を行い、ブランドイメージを反映したデザインと、ユーザビリティに優れたコンテンツで、SEO対策で成果がでるサイトを構築します。また、サイトの運用や分析をサポートし、継続的な成果向上を目指します。

オウンドメディアサイトと適正の高い業種は、ECサイト運営企業、サービス業、IT・テクノロジー企業、 B2B企業、教育・研究機関などが挙げられます。これらの業種は、オウンドメディアサイト制作サービスを活用することで、効果的なブランディングや集客力向上が期待できます。

 

くわしく読む→ オウンドメディアとは|オウンドメディア制作の目的やメリット、運用方法やポイントを解説!

 

オウンドメディア運用を始めるための準備

オウンドメディア運用を成功させるためには、立ち上げた後どのように運用するかが重要です。素晴らしいサイトを作っても、適切な運用を行わなければ、結果が出るまでに時間がかかったり、期待した効果が得られなかったりする可能性もあります。

 

どのようなコラムや情報を発信していくかについて、SEOツールを使用して検索ボリュームなどを調べ、ターゲットのニーズに応える記事を発信しましょう。また、更新頻度も重要です。コンスタントにコンテンツを提供することで、ユーザーの関心を維持し、フォロワーを増やすことが可能です。

 

オウンドメディアを運用するためには、以下の指標や設計を明確にしておきましょう。

 

1.  明確な運用目的(ミッション)

オウンドメディアを運用する目的が明確であることが重要です。目的が明確であれば、適切な戦略を設計することができます。

2.  成果指標

オウンドメディアを運用する際には、成果指標を設定することが重要です。目的に応じ適切なKPIなどの成果指標を設定することで、運用の成果を評価できます。

3.  戦略設計

オウンドメディアを運用する際には、適切な戦略を設計することが重要です。戦略を設計することで、目的を達成するための具体的な戦略を立てられます。

4.  実行するための計画や体制

オウンドメディアを運用する際には、実行するためのプランや体制が必要です。必要な部署を設立し、人員や予算を確保します。

5.  正しい評価基準やプラン

オウンドメディアを運用する際には、適切な評価が必要です。適切な評価を行うことで、運用の成果を把握できます。

 

オウンドメディア運用のカギになるコンテンツ制作とは

オウンドメディア運用に関しては、以下のようなコンテンツが効果的です。

・ブログ記事

オウンドメディア運用において最も一般的なコンテンツです。企業の情報発信や商品・サービスの紹介、業界のトレンドやニュースなど、さまざまなテーマで記事を書くことができます。

・動画コンテンツ

視聴者の興味を引きやすく、情報を伝えやすいため、効果的なコンテンツの一つです。商品・サービスの紹介や、企業の取り組みなどを動画で紹介することができます。

・インフォグラフィックス

図や表、イラストなどを用いて情報を視覚的に表現することができるため、視聴者にわかりやすく、興味を引きやすいコンテンツです。業界のトレンドや統計データなどをインフォグラフィックスで表現することができます。

・イベントレポート

企業が主催するイベントの様子をレポートし、参加者以外にも情報を提供することができます。

・インタビュー記事

自社の代表や社員、業界の専門家などにインタビューを行い、その内容を記事にします。自社の戦略や業界のトレンドなども紹介することが可能です。

・ハウツー記事

読者が知りたいと思う情報や、役に立つ情報を提供することができます。商品・サービスの使い方や、業界のトレンドに関する情報なども扱えます。

 

オウンドメディア制作の手順

オウンドメディアを立ち上げるためには、具体的にどのような手順で進めればよいのでしょうか。以下で基本的な方法を解説しますので、参考にしてみてください。

1. 目的とターゲットを設定する

オウンドメディアのターゲットを明確に設定しましょう。ユーザーに何を伝えたいのか、またどのような人に向けて情報を発信するのかを考えます。

2. コンテンツ戦略を考える

どのようなテーマやトピックを扱うのか、どのような形式でコンテンツを提供するのかを決めます。ユーザーに価値を提供できる情報やコンテンツを心がけましょう。

3. Webサイトを作成する

ドメインとホストを準備し、Webサイトを作成します。制作会社に外注することも可能です。

4. コンテンツを制作し公開する

Webサイトが完成したら、定期的にコンテンツを更新しましょう。

5. SEO対策とプロモーションをする

Webサイトが検索エンジンで見つかりやすくなるように、SEO対策を行いましょう。また、SNSやメールマガジンなどを活用して、コンテンツを広めるプロモーション活動も行います。。

6. ユーザーとコミュニケーションをとる

オウンドメディアを通じて、ユーザーとの関係を築きましょう。コメントや問い合わせに対して返信することで、企業への信頼感を高めることができます。

 

オウンドメディアを成功に導くポイント

オウンドメディアを成功に導くポイントを紹介します。

1.  目的に応じてKPIを設定する

オウンドメディアの目的に応じて、正しくKPIを設定することが重要です。たとえばブランディングを目的とする場合は、アクセス数やリピート率、SNSでのシェア数などが正しいKPIにあたります。 リードナーチャリングを目的とする場合は、コンバージョン率やリード数などが適切なKPIです。

 

2.  KPIは具体的な内容や、効果測定が可能な指標を設定する

KPIを設定する際には、具体的かつ効果の測定が可能な数値を決めることが重要です。たとえばアクセス数をKPIとする場合、1日あたりのアクセス数や月間のアクセス数など明確で測定しやすい指標を設定する必要があります。

 

3.  妥当な数値目標を設定する

KPIの数値目標が正しいことも重要です。数値目標が高すぎる場合は達成が難しくなり、逆に低すぎる場合は、達成が容易になりすぎて、目標として適切ではない可能性があります。

 

4.  オウンドメディアに必要な機能を備える

オウンドメディアに必要な機能は以下の通りです。

  • コンテンツ管理機能
  • SEO対策機能
  • アクセス解析機能
  • メールマガジン配信機能
  • SNS連携機能
  • コメント機能

オウンドメディアでは、誰でも管理しやすいCMS(コンテンツ管理機能)を備えることで、コンテンツの投稿、編集、削除を容易にします。SEO対策で検索エンジン最適化を行い、アクセス解析による運営改善に取り組むことも重要です。また、ユーザーとのコミュニケーションを密にする機能を取り入れることで、顧客との信頼関係を築くことにつながります。

 

5.  ツール選びには注意を払う

オウンドメディアを構築する際には、CMS(コンテンツ管理システム)を使用することが一般的です。CMSを選ぶ際には、初期費用や制作コスト・使いやすさ・機能性・セキュリティ体制・レスポンシブ対応の有無などの確認が必要です。

 

・オウンドメディアのSEO対策

SEO対策ツールを使用することが重要です。SEO対策ツールを選ぶ際には、キーワード調査機能・ページ分析機能・リンク分析機能・ランキングトラッキング機能があるか確認します。

 

・オウンドメディアのアクセス解析

解析アクセスツールを使用することが重要です。アクセス解析ツールを選ぶ際には、解析アクセスの精度やレポートの充実度、カスタマイズ性能などをチェックしましょう。

 

・オウンドメディアのメールマガジン配信

メールマガジン配信ツールを使用することが重要です。メールマガジン配信ツールを選ぶ際には、配信数の上限やテンプレートの種類、レポートの充実度などを確認します。

 

サービスの流れ

事前ヒアリング・お見積り

目的、ターゲットなどご依頼内容をヒアリングし、スケジュール、概算費用をまとめます。

企画・設計

自社・競合他社調査後、UI設計やページ機能などを定義します。

デザイン・実装・テスト・公開

デザイン制作、CMS選定、システム構築を行いテストチェック後ページを公開します。

保守・運用

解析結果をもとにサイトの成果を最大化するための施策など改善点を提案し、全体的にサポートします。

よくある質問

オウンドメディア制作の費用はどのくらいかかりますか?

オウンドメディアサイト制作の費用は、プロジェクトの規模、デザイン、機能要件、コンテンツ量などによって異なります。具体的な費用は、お客様のニーズに応じたお見積もりを作成いたしますので、まずはお問い合わせください。

制作期間はどのくらいですか?

オウンドメディアサイト制作の期間は、プロジェクトの規模や要件などにより変わりますが、企画・戦略立案からサイトの公開まで最低2ヶ月程度の期間が必要になります。プロジェクトの進捗状況によっては短縮できる場合もあります。

オウンドメディアサイト制作後の運用・更新はどのように行われますか?

弊社のオウンドメディアサイト制作サービスでは、運用・更新に関するサポートも提供しています。運用方法のトレーニングや、定期的な分析・改善提案など、お客様が継続的に効果的なオウンドメディアを運営できるよう、サポートを行っております。また、必要に応じてコンテンツ制作やメンテナンスなどの追加サービスも提供可能です。

 

オウンドメディアの成功事例

株式会社明治

自社製品を使ったレシピや料理教室の案内だけでなく、食文化や賞味期限、偉人の好物などのオリジナルコンテンツが多数。小学生からシニアまで幅広い年齢層に合わせたコンテンツを掲載しています。

株式会社クラシコム

ユーザーが読みたいと思うコンテンツ作りを徹底し、商品の活用例や画像をふんだんに配信し、ECサイトのメディア化に成功。雑貨や食器が好きなファン層を獲得し、SNSの拡散を通じて暮らしに取り入れる人が増え、ブランディングに貢献しています。

第一三共ヘルスケア株式会社

「美と健康のツボ」というコンセプトのもと、美容や健康に関するさまざまな情報を提供。柔らかい色使いやイラストを使った心づかいのあるデザインで、健康や美容に敏感な女性向けに発信されています。

 

オウンドメディア制作の参考となる事例やポイントをもっと見る

→ オウンドメディアとは|オウンドメディア制作の目的やメリット、運用方法とポイントを解説!

よくある質問を見る

関連記事