集客力の高いホームページ制作・WEBサイト制作とWEBプロモーション広告などのサービスをご提供。売上げアップにつながるSEO対策やサイト改善コンサルティングによりビジネスを加速させます。東京・神奈川・埼玉を中心に全国対応。

> > コンテンツマーケティングで知っておくべき企画から効果測定までのポイント

お知らせ

コンテンツマーケティングで知っておくべき企画から効果測定までのポイント

コンテンツマーケティングとは?WEBにおける重要性と効果


コンテンツマーケティングとは、価値のあるコンテンツで見込み客の集客から教育、ファン化をさせるためのマーケティング手法の一つです。

多くの企業は、自社商品に興味を持っているユーザーにのみ情報を発信している事が多いのが現状です。しかし、今後必要になるのは今はまだ興味を持ってはいないが、今後教育をすることで自社サービスに興味をもって購入にいたるような、潜在的なニーズを持つユーザーです。

コンテンツマーケティングでは、こういった潜在的なニーズを持つユーザーを集客し育成することができます。

コンテンツマーケティングをつくるために必要な企画の考え方とWEBライティングの基本


コンテンツマーケテイングでは、WEBライティングが必須です。WEBライティングでは、大きく3つの要素を考える事が重要になります。

【01】企画
良質なコンテンツはオリジナリティとユーザーのニーズに答えている記事です。唯一無二の記事であるほど価値があり、コピーペーストされた文章やコンテンツは既に世の中にある物なので評価されません。

企画の段階から、自分にしか書けない記事というオリジナリティに着目しましょう。

【02】タイトル
タイトルはユーザーが検索したときに、一番最初に目につく付く為、とても重要です。ユーザーの需要のあるキーワードが、含まれているかを確認しましょう。

また、タイトルは32文字以内である事が、SEOとしてGoogleに評価される条件となります。

【03】文字数・画像
オリジナリティがあり、ユーザーのニーズを満たすには文字数も重要になります。競合記事との比較にもなりますが、一般的には1500文字~3500文字程度が目安とされています。

また、文字だけがずらーっと並んだ記事はユーザーにとって読む事に疲れてしまい、離脱につながる可能性があります。ユーザーに飽きさせない工夫としても、写真を文中に何枚か挿入することで見やすい記事となります。

コンテンツマーケティングでつくった記事に設定すべきKPIと測定方法


コンテンツマーケティングではKPIを設定することが重要です。PVやUUと言ったサイト自体の評価につながる指標だけではなく、SNS等のシェア数によって自社のブランディングにどれだけ貢献しているかの、指標を設ける事もできますし、資料請求やお申込みの数でCVとしての指標を設け事もできます。

Googleアナリティクスで毎月の成果を測定し、成功の基準を明確にすることで、運営者のモチベーションを保つこともできます。

コンテンツマーケティングの担当者が知っておくべきツール


・GoogleAdwordsキーワードプランナー
WEBマーケティングの必需品とも言われているGoogleAdwordsキーワードプランナーは、Googleでの検索ボリュームや、関連キーワードを調べる事ができコンテンツの企画時に役立ちます。

URL:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

・ワードマップ
訴求したいキーワードに対して、関連するキーワードを表示してくれるツールです。コンテンツの企画を作る時に役に立ちます。
URL:https://keywordmap.jp/

・文字数カウント
無料で使える文字カウント用のツールです。
URL:http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

まとめ


コンテンツマーケテイングの重要性を感じ、多くの企業がオウンドメディアの運営に乗り出しています。

メディアの運営やコンテンツの配信をするのであれば、しっかり競合に勝てるコンテンツを作成し、費用対効果に合った効果を得ましょう。

そのためにも、コンテンツマーケティングの基本を抑えユーザーにニーズのある記事つくりを心がけましょう。

このページをシェアする

一覧に戻る

お電話でのお問い合わせ 平日10~18時

045-550-3242

1分入力 すぐ見れる

資料請求・お問い合わせ