ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> マーケティング > SWOT分析とは。初めての人のためにわかりやすく解説

SWOT分析とは。初めての人のためにわかりやすく解説

 

「ビジネスの世界では、強みを生かし弱みをカバーする戦略が成功への鍵と言われますが、具体的にどうすればよいのか?」多くのビジネスパーソンがこのような悩みを抱えています。

本記事では、SWOT分析という戦略手法を用いて、この疑問に答える方法をご紹介します。

1. SWOT分析の基本概念と4つの要素

2. SWOT分析の実践的なアプローチ方法

3. SWOT分析活用のステップbyステップと事例紹介

SWOT分析の基本を理解し、成果を上げたい方は、ぜひこの機会にご覧ください。

 

SWOT分析とは?基本概念の理解

SWOT分析は、ビジネスの戦略立案に不可欠な手法であり、それぞれの状況に応じた強み、弱み、機会、脅威を明確にするフレームワークです。SWOT分析を利用する事で、自社の現状と将来性を理解し、有効な戦略を策定することができます。

 

SWOT分析の4つの要素

SWOT分析の4つの要素は以下の通りです。

1. Strength(強み)

自社が競合等に対して持つ優位性。これには、専門知識、特許、良い立地条件、強いブランド、資源などが含まれます。

2. Weakness(弱み)

自社が競合等に対して不利となる要素。劣っている製品品質、財務の不安定さ、人員不足などが例として挙げられます。

3. Opportunity(機会)

市場動向、技術の進歩、規制の変化など、自社が利用できる外部の状況や傾向の事です。 

4. Threat(脅威)

競合の激化、市場の変化、法規制の変更など、自社のパフォーマンスに影響を与えうる外部要因の事です。

 

これらの要素を抽出して、自社が直面する内部および外部環境の理解を深めるために分析をします。

 

 

SWOT分析マトリックスの2つの軸

SWOT分析は、先ほど説明した4つの要素をもとに、内部要因と外部要因、プラス要因とマイナス要因の2つの軸を持つマトリックスで構成されます。

1. 内部要因(強みと弱み)

自社がコントロールできる要素。例えば、社内のプロセス、従業員のスキル、財務資源などがあげられます。

2. 外部要因(機会と脅威)

自社の外に存在し、コントロールできない要素。市場動向、経済状況、競合他社の戦略などがこれに該当します。

このマトリックスを使用することで、自社は自身のポジションを評価し、将来の戦略を計画することができます。たとえば、強みを利用して機会を捉え、弱みを克服して脅威に対応する戦略を立案することが可能になります。

SWOT分析は、自社が自身の強みと弱みを把握し、外部環境の機会と脅威に対応するための戦略を立案する際に極めて有効な手法です。この分析を通じて、現在のポジションを明確にし、将来の成功に向けて具体的なステップを踏み出すことができます。

SWOT分析を活用できる場面とメリット

SWOT分析は、戦略立案や意思決定において重要な役割を果たします。この分析手法は特定の状況や場面において特に有効であり、多くのメリットがあります。

有効活用できる場面と具体例

主に以下のような場面で有効とされています。 1. 新製品の市場導入 製品の強みと弱みを評価し、市場機会を特定し、競合の脅威に備えることができます。 2. 自社変革の際 自社の内部資源と制約を理解し、外部の変化に適応する戦略を立案できます。 3. 市場動向の分析 市場の変化を捉え、新たな機会を探り、外部脅威に対応する計画を立てることができます。

SWOT分析を行うメリット

SWOT分析には主に以下のメリットがあります。 1. 全面的な視点 自社の内部と外部の両方を総合的に評価することで、バランスの取れた戦略立案が可能になります。 2. 意思決定の精度向上 具体的なデータと分析に基づくため、意思決定の精度が向上します。 3. 戦略的な機会の特定 自社の強みを最大限に活用し、ビジネスチャンスを捉えるための機会を明確にできます。 これらのメリットを活かし、SWOT分析を行うことで、効果的に市場での競争力を高め、持続的に自社の成長を促すことができます。

SWOT分析の進め方とクロスSWOT分析

続いては、SWOT分析の基本的な進め方と、それを拡張するクロスSWOT分析について詳しく説明します。

SWOT分析の進め方

SWOT分析は主に以下のステップで行います。

 

1. 情報収集 自社の内部環境と外部環境に関する情報を集めます。

 ↓

2. 要素の識別 収集した情報を基に、自社の強み、弱み、機会、脅威を特定します。

 ↓

3. 優先順位の設定 識別した各要素の中で、最も影響力のあるものに優先順位をつけます。

 ↓

4. 戦略の策定 優先順位が高い要素を基に、具体的な戦略を立てます。

 

クロスSWOT分析で戦略を立てる

SWOTの各要素を組み合わせて、より戦略的な分析を行う手法として「クロスSWOT分析」があります。

クロスSWOT分析は、自社のSWOT(Strengths、Weaknesses、Opportunities、Threats)の各要素を組み合わせる分析手法です。以下に各戦略のポイントと使い方を詳しく説明します。

SO戦略:

強みを活用して機会を捉える 自社の強み(Strengths)と、外部の機会(Opportunities)のプラス要因を掛け合わせたもので、市場での競争優位を確立し、成長を促進するために用いられます。 <例>最先端の技術(強み)を用いて新しい市場ニーズ(機会)に応える。

ST戦略:

強みを使って脅威を最小化する 自社の強み(Strengths)を利用して、外部の脅威(Threats)に対処するもので、潜在的な危険やリスクを軽減するのに役立ちます。 <例>強固な顧客基盤(強み)を活用して、新規競合の出現(脅威)に対抗する。

WO戦略:

弱みを改善して機会を利用する 自社の弱み(Weaknesses)を理解して、外部の機会(Opportunities)に備えるもので、潜在能力を高め、新たな市場での成長機会を探るのに適しています。 <例>デジタルマーケティングの知識が不足している(弱み)が研修を通じてスキルを強化し、オンライン市場での機会を探る。

WT戦略:

弱みを最小化し、脅威から身を守る 自社の弱み(Weaknesses)と、外部の脅威(Threats)のマイナス要因を掛け合わせたもので、リスクを最小限に抑えるために用いられる手法です。 <例>資金面での制約(弱み)があるスタートアップが、予算を慎重に管理し、経済不況(脅威)に対処する。

SWOT分析とクロスSWOT分析を活用することで、状況に応じた戦略を立案し、市場で成功する可能性を高めることができます。

SWOT分析のリスクと注意点

SWOT分析は戦略立案において強力な手法である一方で、適切に使用しなければ、誤った方向へ導くリスクがあります。ここでは、SWOT分析を行う際の注意点を解説します。

SWOT分析の注意点

 

1.  目的・ゴールを明確にする SWOT分析を行う前に、課題・目的・ゴールを明確にする必要があります。これらが不明確であると、分析の方向性が定まらず、効果的な結果を得ることができません。

2. 強みは常に有利ではない 自社の強みが必ずしも市場で有利に働くとは限らず、状況によっては弱みとなることもあります。

3. 機会=利益ではない 市場の機会が見つかったからといって、それが自社の利益に直結するわけではありません。

4. 脅威は回避するだけではない 脅威に対して回避するだけでなく、それをビジネスチャンスに変えようする考え方も必要です。

5.分析は行動に移すことが重要 SWOT分析を行った後は、具体的な行動計画に落とし込み、実行に移すことが肝要です。

 

SWOT分析は、自社が現在の状況を理解して戦略を策定する上で非常に有効な手法です。 ただし、上記の注意点を念頭に置き、正しく分析して行動することが重要です。

実例:SWOT分析の具体例

最後に、具体的な企業の事例と経営課題を取り上げ、目的・ゴールを明確にした上で、SWOT分析を行ってみましょう。

 

SWOT分析の実例:その1

【企業情報】

・アパレルメーカー

・社員数:約100名

・課題:売上高の伸び悩み

・目的:eコマースを導入したい

・ゴール:BtoC領域への新規参入により売上アップを図りたい

 

【SWOT要素】

  1. Strengths(強み)

   – 熟練したデザインチームと製造技術

   – 既存顧客との関係

   – 柔軟な生産体制

 

  1. Weaknesses(弱み)

   – BtoC市場の経験不足

   – eコマースプラットフォームの運用・管理に関する知識不足

   – 競争の激しいアパレル市場におけるブランド認知度の低さ

   – 限られた予算とリソース

 

  1. Opportunities(機会)

   – eコマース市場の成長

   – ソーシャルメディアを利用したマーケティングの拡大

   – サステナブルな製品への需要増

 

  1. Threats(脅威)

   – 大手アパレルメーカーとの競争

   – オンライン市場における価格競争

   – 流行の変化に対する素早い適応の必要性

 

【分析結果】

BtoC市場への新規参入に向けて、熟練した製造技術とデザインチームの強みとして活用することが重要。eコマースにおける知識不足やブランド認知度の低さは、デジタルマーケティングやソーシャルメディア戦略を通じて克服する必要がある。

オンライン市場の成長を機会と捉え、サステナブルな製品の提供や独創的なデザインで差別化を図ることが成功の鍵となる。しかし、競争の激しい市場や価格競争、流行の変化などの脅威には注意が必要。市場の動向を敏感に察知し、迅速に対応する柔軟性が求められる。

 

【分析結果に基づいた施策】
  1. eコマースプラットフォームの選定と導入

   – 効果的なeコマースプラットフォームを選定

   – 簡単かつ安全な決済システムとセキュリティ機能の実装

   – 顧客の購買意欲を上げるオンラインでの展示方法を検討

 

  1. デジタルマーケティングとソーシャルメディア戦略の強化

   – ターゲット市場に合わせたデジタルマーケティング戦略の策定

   – SNSプラットフォームでの積極的なプロモーションとブランドビルディング

   – インフルエンサーとのコラボレーションを通じてブランド認知度を向上

 

  1. 製品ラインナップの拡充と差別化

   – サステナブルな素材や工程を用いた製品の開発

   – 独自性のあるデザインを取り入れた製品の提供

   – 顧客の意見を反映したカスタマイズオプションの提供

 

  1. 市場動向と顧客ニーズの継続的な分析

   – 継続的な市場調査とトレンド分析を実施

   – 顧客フィードバックと購買データ分析による製品改善と新製品開発

   – 競合他社の動向を注視し、市場におけるポジションの強化

 

  1. 組織と業務プロセスの効率化

   – 従業員のeコマース関連スキルの強化とトレーニング

   – 生産体制の最適化とコスト効率の向上

   – チーム間のコミュニケーションと協力を強化するための内部体制の改善

 

SWOT分析の実例:その2

【企業情報】

・工作機械商社

・社員数:約300名

・経営課題:従業員の離職が多い

・目的:テレワークシステムの導入

・ゴール:柔軟な勤務形態の導入により従業員満足度を向上させたい

 

【SWOT要素】

  1. Strengths(強み)

   – 専門知識と豊富な経験を持つ従業員

   – 営業エリアおける安定的なシェア

   – 業界内での信頼性

 

  1. Weaknesses(弱み)

   – テレワークシステムの導入と運用に関する経験不足

   – 柔軟な勤務形態に対応する組織文化や体制が未整備

   – 従業員のモチベーションと満足度の低下

 

  1. Opportunities(機会)

   – デジタル化のトレンド

   – リモートワークの需要増

   – デジタル技術の進化による業務効率化

 

  1. Threats(脅威)

   – 継続的な人材流出によるリソースの低下

   – 経済や業界の変動による市場の不確実性

   – 新しい働き方へに対する一部従業員の抵抗

 

【分析結果】

豊富な経験と安定したシェアという強みを活用して、テレワークシステムの導入と柔軟な勤務形態を推進することで従業員満足度を向上させる機会が十分にある。しかし、テレワーク運用は未経験であり、組織の文化や体制が出来ていないといった弱みを克服する必要がある。

デジタル化のトレンドを捉え、効果的なリモートワーク環境を構築することが、人材の獲得と保持につながる。ただし、継続的に人材流出が起きている状況を鑑みながら、経済の変動などの外部環境の脅威にも注意を払う必要がある。新しい働き方への適応には組織文化の変革と従業員のフォローが重要である。

 

【分析結果に基づいた施策】

  1. 離職率を低減するための施策強化

   – 従業員のニーズと期待を理解するためにアンケートやインタビューを実施

   – 従業員のワークライフバランスをサポートするための施策を実施

   – 従業員のスキルアップとキャリア開発のための研修や教育プログラムの提供

 

  1. テレワークシステムの効果的な導入と管理

   – 効果的なテレワークシステムの選定と導入

   – テレワーク環境でコミュニケーションが円滑に行えるツールの導入

   – 従業員へのテレワーク関連のトレーニングとガイドラインの提供

 

  1. 組織文化と従業員エンゲージメントの向上

   – オープンでコミュニケーションが取りやすい組織文化の構築

   – 従業員の貢献を認識して評価する風土の構築

   – チームビルディング活動や社内イベントを通じて社員間のつながりを強化

 

  1. 市場と技術の変化に対応するための戦略の見直し

   – 市場のトレンドと顧客のニーズを継続的に分析

   – デジタル技術の進化を活用して業務プロセスを効率化

   – 競合他社の動向を注視して差別化戦略を策定

この記事では、SWOT分析の基本から実践的なアプローチ、さらには具体的な事例を解説しました。最後に、この記事の要点をまとめておきましょう。

まとめ

1. SWOT分析は4要素から成る

2. 内部環境/外部環境を分析する

3. 活用場面は多岐に渡る

4. 進め方と戦略立案が重要

5. 注意点を理解しておく

SWOT分析は、多面的な視点からビジネスやプロジェクトを分析する強力な手法です。この記事を読んでいただいた皆さんも、ぜひ活用してください。

お役立ち資料ダウンロード デザイン・マーケティング無料相談