ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> > リスティング広告の費用はどのくらい?

リスティング広告の費用はどのくらい?

はじめに

リスティング広告とは、​検索エンジンの検索結果画面に掲載される広告のことで、​ユーザーが検索したキーワードに合わせて表示されます。予算に応じて適切な運用をすることで、効果を最大限に引き出せるようにしたいですね。

ここでは、リスティング広告を予算に合わせて効果的に運用する方法を解説します。

リスティング広告の費用はどのくらい?

リスティング広告とは、検索エンジンの広告枠に広告を掲載する際の、1回のクリック単価(CPC)によって金額が決まります。リスティング広告の相場は、競合状況や広告を掲載する業界やカテゴリーによって異なりますが、一般的には月20万円から50万円程度が相場とされています。

競合が激しい業界やキーワードの場合、広告の掲載順位を上げるために高い入札額が必要となり、相場も高くなります。一方で、競合が少ない業界やキーワードの場合、相場が低くなる傾向があります。

また、業界によっても相場に差があります。例えば、金融や不動産などのビジネス系のキーワードは相場が高く、飲食店や趣味関連のキーワードは相場が低い傾向があります。

一般的に、Google広告やYahoo広告などのリスティング広告では、平均的なクリック単価が数十円~数百円程度となっていますが、業界やキーワードによっては数千円以上の相場がある場合もあります。

リスティング広告の掲載順位と入札単価の関係とは?上位表示を狙うための戦略

リスティング広告の掲載順位と入札単価には、密接な関係があります。広告の掲載順位は、競合が激しいキーワードほど高い入札単価を設定することが必要であり、相場は高くなるため、上位表示を狙うには適切な戦略が必要です。

1. 入札単価の最適化

最も直接的な方法は入札単価を調整することです。ただし、単に入札単価を上げるだけでは、クリック数が増えても、コンバージョン率は低い場合や広告掲載順位が上がらない場合がありますので、広告のクオリティスコアやランディングページの最適化を行いながら、適切な入札単価を設定することが重要です。

2. クオリティスコアの向上

広告掲載順位は、入札単価だけでなく、クオリティスコア(広告の質やCTR、ランディングページの質などを総合的に評価したスコア)にも影響されます。クオリティスコアを向上させることで、入札単価を抑えつつ上位表示を狙うことができます。

3. ランディングページの最適化

広告のクリック後に遷移するランディングページも、クオリティスコアの向上に大きく関わってきます。ランディングページのユーザビリティを向上させ、ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるようにすることで、コンバージョン率を向上させ、クオリティスコアを向上させることができます。

4. リスティング広告のターゲティングの最適化

広告のターゲティングも、広告掲載順位に影響を与えます。ターゲット設定を細かく行い、的確にターゲット層を設定することで、クリック率を向上させることができます。その結果、クオリティスコアが向上し、広告掲載順位の上昇が期待できます。
 

リスティング広告の相場を下げるためには?

リスティング広告の相場を下げる方法は、以下のような方法があります。

1. 競合との差別化

競合との差別化を図ることで、CTR(クリック率)を向上させることができます。たとえば、キャッチーな広告文やアイキャッチ画像を使って目を引くようにする、割引やサービスの提供など、他社にない特典を用意するなどです。

2.  広告配信エリアの最適化

広告配信エリアを限定することで、競合が少なくなるため、相場を下げることができます。たとえば、地域別に広告配信エリアを限定することで、地域限定の商品やサービスに特化した広告を配信することができます。また、一部のデバイス(スマートフォンなど)にのみ広告を配信することも可能です。

3. ターゲット設定の最適化

広告を配信するターゲット層をより絞り込むことで、クリック率を向上させることができます。たとえば、年齢層や性別、職業、趣味など、細かくターゲット設定を行うことができます。

4. 長期間の広告掲載

長期間の広告掲載を行うことで、広告のクオリティスコアが向上し、相場を下げることができます。たとえば、特定の期間だけ広告掲載を行うのではなく、長期的に広告掲載を行い、クオリティスコアを向上させることが重要です。

5. データ分析に基づく最適化

広告のクリック率やコンバージョン率などのデータを分析し、適宜広告の改善を行う必要があります。たとえば、クリック率の低い広告を削除することで、無駄な出稿費用を減らすことができます。また、効果の高いキーワードに対しては、入札額を上げることで、より効果的な広告掲載ができます。


リスティング広告の予算配分のポイントとは?

1. 目的に合わせた予算配分

最初に、広告の目的に合わせて予算を割り当てる必要があります。たとえば、商品の売り上げを増やすためには、広告費用を多く割り当てる必要があります。

2. 掲載期間に合わせた予算配分

掲載期間によっては、特定の期間に多くの予算を割り当てる必要がある場合があります。たとえば、キャンペーン期間やセール期間には、多くの予算を割り当てて、集客を増やすことができます。

3. 地域に合わせた予算配分

地域によって需要が異なる場合があるため、広告配信エリアごとに予算配分を調整する必要があります。たとえば、人口が多い都市圏では、多くの広告費用を使って広告配信を行う必要があります。

4. キーワードに合わせた予算配分

広告に使用するキーワードごとに、予算配分を調整する必要があります。たとえば、効果的なキーワードに対しては、より多くの予算を割り当てて広告掲載を行い、より多くの集客を狙うことができます。

5. 競合との予算配分の比較

競合と比較して、どの程度予算を使って広告を配信すべきかを考慮する必要があります。競合が多い業界やキーワードの場合は、多くの予算を使って広告を配信する必要があります。

6. データ分析に基づく最適化

広告のデータを分析し、広告掲載の最適化を行うことで、効果的な予算配分が可能になります。たとえば、広告のクリック率が高いキーワードに対しては、より多くの予算を割り当てて広告掲載を行い、より多くの集客を狙うことができます。

リスティング広告の相場を利用した効果的なキーワード選定方法とは?コスト対効果を最大化する方法を提案

 

相場調査

まず、リスティング広告の相場を調べることが必要です。競合他社がどのようなキーワードで広告を出稿しているかを把握することで、自社の広告戦略を考えることができます。

キーワードリストの作成

次に、自社の商品やサービスに関連するキーワードをリストアップします。関連するキーワードをいくつかリストアップしたら、そのキーワードをGoogleのキーワードプランナーなどのツールを利用して、そのキーワードの平均的なクリック単価を調べます。

費用対効果の分析

調査結果をもとに、広告費用に対してどの程度の効果が期待できるかをキーワードごとに分析します。効果的なキーワードを選定するためには、クリック単価が低いキーワードであっても、クリック率が高い場合は、より多くのトラフィックを獲得できるため、費用対効果が高いと判断されます。

リスティング広告の最適化

選定したキーワードをリスティング広告に反映させ、広告掲載の最適化を行います。キーワードごとに配信する広告文やランディングページを最適化することで、より多くのクリックやコンバージョンを獲得することができます。

データ分析と改善

リスティング広告の配信がスタートしたら、データ分析を行いながら改善を行い、コスト対効果を最大化します。効果的なキーワードの分析や広告掲載頻度の最適化、ランディングページの改善など、データに基づいた改善を行うことが重要です。

まとめ

リスティング広告の相場は、業界により異なりますが、月に20万円から50万円が一般的とされています。
キナバルでは、ご依頼内容をヒアリングし、予算に応じた運用計画をご提案いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る