ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> > 採用サイト制作はなぜ重要なの?つくる目的とその役割を解説

採用サイト制作はなぜ重要なの?つくる目的とその役割を解説

はじめに

採用サイトとは、求職者に向けて自社の情報を発信するためのWebサイトです。

採用情報に特化したWebサイトを用意することで、会社概要や企業の魅力、仕事内容をわかりやすく発信し、求職者に向けて効率的にアピールすることができます。

採用サイトをつくる目的と役割、制作の流れについて解説します。

 

採用サイト制作の目的と役割

採用サイト制作の目的

採用サイトは、採用に特化したWebサイトです。採用サイトをつくる目的は「求職者にアプローチ」し、「自社が求める人材からの応募を募る」ことにあります。

採用サイトで求職者が特に参考にするのは「入社後にどんなキャリアプランを進んでいくのか」「どんな人が働いていて、どんな仕事があるのか」など、入社後に自分が働くイメージを描けるかどうかという点です。

以下のようなポイントも視野にいれて制作することが重要です。

  • 入社意向を高めるストーリーを盛り込む
  • 「自社が求める人材」を明確にし、入社後のミスマッチをなくす
  • 競合他社との差別化のためのブランディング強化
  • 継続的な採用につながるコンテンツ発信

 

採用サイトの役割

採用サイトの役割は、求職者に自社の魅力を伝え、応募を増やすことです。採用サイトはコーポレートサイトに比べ、より求職者目線のコンテンツを載せることで、求職者の応募意欲を高めることができます。

魅力的な採用サイトにはさまざまなメリットがあり、ブランディングイメージや応募の質を上げることができます。また、採用サイトからの応募数が増えれば、採用コストを削減することも可能です。

採用サイトは、採用シーンで大きな影響力を発揮することはもちろん、入社後の社員の定着をはかるためのブランディングや情報の更新も欠かすことができない要素といえます。

なぜ採用サイトが重要なのか

採用サイト制作が重要な理由は、自社の採用情報の発信に特化したサイトであり、求職者の自社への理解度・認知度向上に役立つためです。求職者は同時期に同業のサイトや求人広告をチェックすることが多いため、競合他社との差別化を図り、求職者を自社に引き込むための重要な手段といえます。

 

採用サイトは求職者に独自の魅力を伝え、応募を増やすことが制作の目的です。Web広告やSNS・動画など求職者にできるアプローチチャネルが多様化している現代において、採用サイトがあることは、他のチャネルからの流入先としての受け皿になるためにも必要不可欠となっています。

 

また、採用サイトは自社の採用活動において重要な役割を担うため、サイト内に自社の魅力を伝えるコンテンツや求職者のニーズに合わせたコンテンツを盛り込むなどの設計が必要です。

採用サイト制作のメリット・デメリット

採用サイト制作のメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

採用サイト制作のメリット

自社の魅力をアピールできる

採用サイトは、自社の魅力をアピールするためのサイトであり、企業理念や社員インタビューなどを掲載し、求職者に自社の魅力を伝えることができます。

 

応募者の質を高めることができる

採用サイトは求職者が自社に興味を持つきっかけを増やすことにつながり、応募者の質を高めることができます。

 

求職者の応募意欲を高めることができる

採用サイトの情報によって求職者の自社に対する理解度を高められるため、求職者の応募意欲の向上につながります。

 

ミスマッチを軽減できる

採用サイトは、自社の採用情報を正確に伝え、入社後のミスマッチを軽減することができます。

 

応募数の増加が見込める

採用サイトは、自社の採用情報を掲載して、求職者に対して効率的にアプローチできます。また、自社サイトに誘導することで、自社に興味を持っている求職者に魅力を訴求でき、結果的に応募数の増加が見込まれます。

 

採用サイト制作のデメリット

制作費用がかかる

採用サイトの制作には、デザインやコンテンツ制作、プログラミングなどの専門的な知識が必要であるため、制作費用がかかります。

 

サイトの運用や維持に費用がかかる

採用サイトの運用には専門的な知識が必要であり、掲載情報の更新作業も欠かせないため、維持費がかかります。

 

制作に時間がかかる

採用サイトの制作には、発信すべき情報整理が必要になります。そのためのコンテンツの制作やデザインの作成などに時間がかかりますし、集客するためのリソースを活用する必要があります。

 

採用サイト制作に関しては、制作費や運用・維持にかかる費用、時間などを考慮する必要があります。

 

採用サイト制作の流れ

採用サイトは、制作前の準備が必要です。スムーズに制作を進めるために、以下の制作手順を理解しておきましょう。

 

1. 目的とターゲットの明確化

採用サイトの目的を明確にし、ターゲットとなる求職者に合わせたコンテンツを作成することが重要です。新卒の売り手市場が継続している今、企業にとって、求める人材からの応募を集めることは簡単なことではありません。だからこそ「どのような人材を獲得したいのか」を具体的にイメージして、採用ターゲットを定めましょう。

 

2. コンテンツ制作

自社が掲載したい情報」と「求職者が求めている情報」にはズレがあるため、すり合わせを行い、何を掲載するべきか整理しましょう。求職者のニーズに応えらえる情報を求職者目線で考えることが大切です。採用サイトに掲載する情報は、待遇や制度・選考スケジュールなどの採用情報に加え、先輩インタビューなど企業の魅力を紹介するコンテンツや、求職者が応募するときに疑問を解決できるようにするFAQなど、さまざまなコンテンツが考えられます。

 

3. サイトデザインと制作

採用サイトは、自社の求める人材に「この会社で働きたい」と思ってもらうことが目的なので、採用ターゲットの心をつかむデザインにする必要があります。例えば、「写真や動画を活用したい」「テキストメインで企業イメージを伝えたい」など、見せ方のポイントは多々あるでしょう。サイトデザインでは、具体性やリアリティのある情報を伝え、応募への導線を明確にし、SNSでシェアされやすい設計にするなどの工夫も必要です。

 

以上が、採用サイト制作の流れです。採用サイトは、求職者との出会いの場であり、企業の魅力を伝える重要なツールです。目的を明確にし、ターゲットに合わせたコンテンツを作成することで、効果的な採用活動につながるはずです。

採用サイトをつくるためのチェックポイント

採用サイトを作るためのポイントはさまざまあり、自社の魅力を伝えるコンテンツの制作や、求職者のニーズに合わせた設計が必要です。

 

1. 目的を明確にする

採用サイトの目的を明確にし、ターゲット層や配信期間、予算などを決定します。

 

2. クリエイティブ要素にこだわる

採用サイトのビジュアルやテキスト、ボタンなどを制作します。ビジュアルの統一感やテキストの読みやすさ、ボタンの設置位置や色の選定、ロゴの配置などに注意することが大切です。

 

3. ターゲットのニーズを把握する

採用サイトのターゲット層のニーズや興味関心を捉え、それに合わせたコンテンツを制作します。

 

4. 応募者の質を高めるための情報を掲載する

採用サイトには企業理念や社員インタビュー、福利厚生など、応募者の質を高めるための情報を掲載することが重要です。

 

5. 掲載情報をコーポレートサイトと混同しない

採用サイトは、事業内容などを掲載するコーポレートサイトとは趣旨が異なるサイトです。求職者向けの情報だけをまとめて提供することで、求職者にわかりやすいサイト作りを心がけましょう。

 

6. 運用・維持についても考慮する

採用サイトの運用や維持についても考慮し、運用・維持費用や更新スケジュールなどをあらかじめ決めておくことが重要です。

 

採用サイト制作を依頼するときのチェックポイント

採用サイト制作を依頼する場合のチェックポイントを紹介します。

 

1. 採用サイト制作の専門知識がある

Webデザイン・プログラミングのスキルは、採用サイトの制作に欠かせないものであり、コンテンツ制作やUI/UXデザインのスキルは、求職者にとってわかりやすく魅力的なサイトの構築に不可欠です。

 

2. SEO対策のスキルがある

サイトのアクセス数を増やすためにはSEOの知識が不可欠です。コミュニケーションスキルやプロジェクトマネジメントのスキルがあることも、サイト制作において求められます。

 

採用サイトをつくるタイミング

「採用サイトはないけれど、コーポレートサイトに採用情報はのせている」という会社もあるでしょう。しかしその「採用情報」は、探すのに時間がかかる場所にありませんか。また、簡素な情報のみ掲載していることで、画面の向こうの求職者が「本当に採用しているのかどうかわからない…」と悩んでいるかもしれません。

採用サイトをつくるべきタイミングには、2つのチェックポイントがあります。

  • 自社サイトからの応募がない
  • 応募はあるけれど、採用ターゲットでない応募者しか集まらない

 

採用のミスマッチが発生している場合、採用サイトを有効に活用すべきタイミングといえます。ターゲット層にうまく訴求できていないことが原因なので、制作の目的と役割に沿って、発信する情報を整理し、情報の鮮度を高めることも重要です。

 

魅力的な採用サイト制作には多くの社員の協力が不可欠です。企業の情報やビジョン、社風、福利厚生、先輩社員のインタビューなど、人事や総務などの採用担当者との綿密な打ち合わせが必要になることもあるでしょう。また、採用サイトは、企業ブランディングの方針転換、採用情報のリニューアルなどに合わせて、コンテンツや情報をこまめに更新することも大切です。

採用サイトに重要なコンテンツとは?

採用サイトに盛り込むべき重要なコンテンツは以下のとおりです。

重要コンテンツ 内容と目的
企業や理念 自社のビジョンや企業理念を掲載することで、求職者に自社の方向性を伝えることができます。
事業内容・業務内容 自社の事業内容や業務内容を掲載することで、求職者に自社の業務内容の理解を促進します。
福利厚生や社内制度 自社の福利厚生や社内制度を掲載することで、求職者に自社の働きやすさをアピールできます。
募集要項 求人募集の詳細な情報を掲載することで、求職者の応募のハードルを下げられます。
応募方法と連絡先 応募方法や連絡先を明確に掲載することで、求職者が応募しやすくなります。
社員インタビュー 社員インタビューを掲載し、自社の社風や雰囲気を伝えることができます。
イベント情報 イベント情報を掲載し、企業特有の取り組みや活動をアピールすることができます。

 

まとめ

採用サイトでは求職者が求める情報を提供し、わかりやすく伝えることが大切です。制作を依頼する前に、採用サイトを制作する目的や、掲載する情報の選別などを行い、準備を進めておきましょう。

採用に関する課題は企業によって異なります。キナバルでは、事前ヒアリングを行い、お客様の課題解決できる採用サイト制作をサポートいたします。時間のかかる更新・改善作業から保守・運用管理までおまかせください。

一覧に戻る