ホームページ制作・WEB制作会社 システム開発・WEBマーケティング・ブランディングも得意

> マーケティング > PEST分析

PEST分析

 

ビジネスの世界に多くある不確定要素は、どのように理解し、自社の戦略に組み込むことができるのでしょうか?この記事では、外部環境の主要因である政治、経済、社会、技術の4つの要素を分析する手法『PEST分析』について、詳しく解説します。

 

1. PEST分析の基本概念

2. PEST分析の手順と方法

3. 事例を通じたPEST分析の活用方法

 

PEST分析とは

PEST分析は、政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの外部環境を分析するフレームワークです。ビジネス戦略を立案する際に、これらの要素が業績や戦略にどのような影響を与えるかを把握するために用いられます。

 

PEST分析の4要素

PEST分析の各要素は以下の4つに定義されます。

 

・政治(Politics):政府の政策、税制、法改正、規制強化or緩和など

・経済(Economy):経済成長、失業率、インフレ率、為替レートなど

・社会(Society):人口動態、教育、ライフスタイル、文化、宗教など

・技術(Technology):新技術の発展、研究開発、特許、AI技術など

 

PEST分析の必要性

ビジネス環境は常に変化しており、迅速に対応する必要があります。PEST分析は、企業経営においてそのような変化を先読みし、外部環境の変化によって生じるリスクを軽減し、ビジネスチャンスを最大限に活用することができます。


PEST分析の目的

PEST分析の主な目的は、市場のトレンド、法改正のタイミング、新技術のリリースなど、自社の運営に影響を与える外部要因を識別して、戦略的な計画を立てることにあります。

 

マクロ環境分析とミクロ環境分析

PEST分析はマクロ環境を分析する手法であり、自社がコントロールできない外部要因を評価します。これに対して、ミクロ環境分析は自社がある程度コントロールできる顧客、競合他社、サプライヤーなどを分析します。これら2つの分析を組み合わせることで、より正確で包括的な分析をすることができます。

 

定義

主な要素

影響範囲

対応

マクロ環境

直接コントロールできない社会環境

政治、経済、社会、技術(PEST分析に基づく)

業界全体や社会全体

予測による対応が必要

ミクロ環境

ある程度コントロールできる競争環境

顧客、競合他社、サプライヤー、販売チャネルなど

特定の企業や競争相手

戦略を立て、直接対応することが可能

 

PEST分析は、自社が外部環境の変化を的確に把握し、それに応じた効果的な戦略を立案するために不可欠です。この4つの要素を把握することで、市場での優位性を確立し、継続的な成長をすることが可能になるでしょう。

PEST分析の4要素

PEST分析は、政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの要素から構成されます。ここでは、各要素について詳しく解説します。

 

政治的要因(Politics)

政治的要因には、政策、法律、税制、規制強化・緩和、政治の安定性などが含まれます。これらは、ビジネスへ直接的な影響を与えます。例えば、2022年1月に施行された電子帳票保存法により、多くの企業が電子保存に対応するためのシステム導入を行い、業務プロセスの見直しを行いました。

 

経済的要因(Economy)

経済的要因には、経済成長、インフレ率、為替レート、失業率などが含まれ、これらは消費者の購買力や企業の投資意欲に影響を及ぼします。例えば、利息率の低下は企業や消費者の借入れを促進し、経済活動を活性化させることがあります。

 

社会的要因(Society)

社会的要因は、人口動態、教育、宗教、ライフスタイルの変化などが含まれ、これらは消費者のニーズや市場の動向に深く関わっています。例えば、健康意識の高まりは、オーガニック食品やフィットネス商品の需要を増加させることがあります。

 

技術的要因(Technology)

技術的要因は、新技術の開発やAI、オートメーション化、ビックデータ解析などの技術革新であり、製品開発、製造プロセス、営業手法などに大きな変革をもたらすことがあります。例えば、SNSの普及によりマーケティング戦略における宣伝広告の手段が、TVやラジオといった広告チャネルから、FacebookやInstagramといったSNSプラットフォームに変わってきています。

 

これらの要素は相互に関連しており、一つの要素が他の要素に影響を与えることも少なくありません。したがって、PEST分析を行う際には、これらの要素を個別に分析するだけでなく、相互作用を考慮することが重要になります。

PEST分析のメリットとデメリット

PEST分析は外部環境を分析する有効なフレームワークですが、メリットとデメリットの両方が存在します。

 

PEST分析のメリット

1. 戦略的な洞察

市場動向、法改正、技術開発などの外部要因を客観的に理解できるため、これらの要因が自社のビジネスに与える影響を予測し、適切な戦略を立てることができます。

 

2. リスク管理

分析により潜在的なリスクを特定し、それらに対処するための戦略を立案できるため、将来の不確実性に対する準備ができます。

 

3. 機会の特定

外部環境の変化は、新たなビジネスチャンスを生み出すことに繋がるため、これらの機会を見つけ出し、利用するための基盤となります。

 

PEST分析のデメリット

1. 情報の過多

外部環境には無数の要因が関わっており、すべての情報を分析できないため、重要な情報を見落とすリスクがあります。

 

2. 予測の困難さ

政治や経済の状況は急速に変化します。未来を正確に予測することは難しく不確実性が伴います。

 

3. 主観性の問題

分析をする人の知識や解釈に大きく依存するため、分析結果に主観性が入り込む場合があります。

 

対処法

これらのデメリットには以下のような対策が有効です。

 

・定期的なレビュー

外部環境は常に変化するため、定期的に実施。

 

・複数の情報源を利用

情報の正確性を確保するために、信頼できる複数の情報源からデータを収集。

 

・チームでの分析

主観性を最小限に抑えるために、複数人のチームで分析。

 

メリットを最大限に活用しつつ、デメリットに適切に対処することで、外部環境の変化に効果的に対応することができます。

PEST分析の事例

ここでは、業界別にPEST分析を行い、その分析結果をもとに対応策とビジネス戦略を立案してみましょう。

 

自動車業界のPEST分析

分析項目

PEST分析結果

対応策・ビジネス戦略

政治的要因

政府による環境規制、排出ガス規制に適合するために、自動車メーカーは電気自動車(EV)やハイブリッド車への投資を加速

・EVやハイブリッド車の研究開発に増資

・新モデルを市場に積極的に投入

経済的要因

経済成長の鈍化や円安は、特に輸出に依存する自動車メーカーに大きく影響

・為替リスクを管理するための金融戦略を強化

・内需拡大にも注力

社会的要因

アクセルとブレーキの踏み間違い事故により、消費者はより安全な車を求める傾向に

・安全技術の開発に注力

・自動ブレーキシステムや事故防止技術の標準装備

技術的要因

自動運転技術やコネクテッドカーの進化により、自動車業界の新たなビジネスモデルが誕生

・自動運転技術の実証実験

・コネクテッドカーの開発を加速

・新しいサービスやビジネスモデルを創出

 

食品業界のPEST分析

分析項目

PEST分析結果

対応策・ビジネス戦略

政治的要因

食品安全の規制強化により、品質管理コスト増大

・品質管理システムの強化と透明性の向上

・社内コンプライアンス強化と監査の実施

経済的要因

原油価格の高騰や円安、気候変動による農産物の収穫量の減少を受け、原材料コストは増加

・コスト効率の良いサプライチェーンの構築

・代替原材料の調査

・価格変動のリスクヘッジ戦略

社会的要因

健康意識の高まりにより、オーガニック食品や低カロリー食品のニーズ拡大

・健康志向の製品ラインの拡張

・オーガニック認証の取得

・健康を意識した商品CM

技術的要因

食品通販サイトの増加により、業界のマーケティング戦略に変化

・オンライン販売チャネルの強化

・デジタルマーケティング戦略の採用

・顧客体験の向上を目指した技術投資

 

これらの分析はあくまで一つの事例ですが、PEST分析を行うことで業界の動向を理解し、変化する市場に柔軟に適応することが可能となります。

PEST分析のコツ

PEST分析を効果的に行うためには、いくつかのコツがあります。

 

仮説思考でアプローチ

新しい政策や技術が導入された場合の影響や、経済の変化が消費者に与える影響など、各要素に焦点を当てた仮説を立てることで、分析の方向性を明確にし、関連するデータや情報を効率的に収集することができます。

 

長期的なトレンドを意識

短期的な出来事だけでなく、長期的なトレンドを意識し、その影響を分析することが重要です。技術の進化、人口の推移、価値観の変化など、ビジネス戦略に大きな影響を及ぼすトレンドを把握することで、将来のビジネス環境を予測し、長期的な戦略を立てるための基盤を築くことができます。

 

機会発見のコツ

PEST分析でビジネスチャンスを発見するためには、分析の各段階で次のような質問を自問自答することが効果的です。

 

・この外部要素は、新しい市場や顧客を開拓する機会になるか?

・現在のビジネスモデルや製品を変革する機会になるか?

・このトレンドは、競合他社に比べて自社独自の優位性を築くことができるか?

 

PEST分析を行う際に、これらのコツを念頭に置くことで、より戦略的な考察ができます。

PEST分析の注意点

PEST分析を利用するにあたって、いくつかの注意点があります。

 

短期の分析には向いていない

PEST分析は主に長期的な視点から外部環境を評価するための手法なので、短期間に起こりうる変化を捉えるには不向きな場合があります。例えば、事件や自然災害などの突発的な事象は、PEST分析で予測することが困難なので、短期的なビジネス戦略も立案したい場合は、リアルタイム市場監視など他の手段を併用することを推奨します。

 

内部の環境分析ではない

PEST分析は外部環境に焦点を当てています。自社の内部環境やリソースに関する分析はSWOT分析などのフレームワークが適しています。

外部分析と内部分析を合わせて行うことで、より包括的な戦略を立案することが可能になります。

 

手段の目的化

PEST分析を行うこと自体が目的にならないよう注意が必要です。分析はあくまでビジネス戦略と具体的な行動計画を立てることが最終的な目的です。また、分析結果の解釈には主観が入り込むことがあるため、複数の視点から評価を行い、客観性を確保することも重要なポイントです。

 

PEST分析を行う際には、これらの注意点を念頭に置くことで、より有効な戦略立案のための洞察を得ることができます。

PEST分析の具体的な手順

 

情報収集

分析の第一歩は、関連する情報収集です。政府の報告書、業界分析、経済予測、社会動向の調査、新技術に関する論文など信頼できる情報源のデータを優先し、最新の情報を得ることが重要です。

 

PESTの4要素に分類

収集した情報を、政治、経済、社会、技術の4つの要素に分類して、各要素が現在および将来のビジネスにどのような影響を与えるかを考慮します。

 

事実と解釈に分類

収集した情報を事実と解釈に分類します。事実は具体的なデータや統計に基づくものであり、解釈はそのデータがビジネスに与える意味合いや影響を分析したものです。分類することで、客観性を保ちながら、情報の背後にあるトレンドやストーリーを理解することができます。

 

機会と脅威に分類

次に、分析を通じて特定された要素を機会と脅威に分類します。機会は市場の成長や新たなニーズなど、自社が利益を得るために利用できる要素、脅威は競争の激化や規制の強化など、ビジネスの成長を妨げる要素です。

 

短期と長期に分類

機会や脅威を、短期的(1年以内)、または長期的(1年以上)に分類します。分類することにより、ビジネス戦略を検討する際、優先順位付けに役立ちます。

 

事業戦略に落とし込む

最終的に、分析の結果をもとに、具体的なビジネス戦略を策定します。特定された機会を最大限に活用し、脅威に対処するための短期的対策と長期的戦略の両方を考慮に入れて計画を策定することが重要です。

まとめ

今回の記事では、PEST分析の基礎から具体的な手順までを詳しく解説しました。

 

1. PEST分析は外部環境の分析ツール

2. 政治、経済、社会、技術の4要素を評価

3. 分析を通じてビジネス機会と脅威を特定

4. 短期・長期の戦略立案に役立つ

5. コツと注意点を念頭に置いてPEST分析を実践する

 

この記事を活用して、PEST分析を実践し、外部環境の変化に対応する戦略を立ててみてはいかがでしょうか。今回紹介した内容を参考にして、自社のビジネス環境を分析し、戦略を練る第一歩としてください。